カテゴリー別アーカイブ: 愛人

20歳独身女子大生の愛人契約体験記

私がHさん(仮名)に会ったのは、大学二年生の時でした。
大学二年といえば、遊び盛りです。
一年生の時は学校に慣れるだけで手一杯でしたが、二年になればもう慣れたもんだし就職活動もそんなまだ先のことです。
むしろ遊ぶなら今しかない!そんな感じでしたね。
成人になったこともあり、私は夜遊びを覚えました。
その日は1人でバーに行って、飲んでいました。そしたら隣に知らない女性が座ってきました。髪が短くて中性的な人でした。その人は気さくに話しかけてきました。
女性ということもあり警戒心もなく話に応じました。もちろん男性が相手でもそうしたでしょう。
私は遊び人でした。それを隠すかのように見た目は黒髪でナチュラルメイクで清楚な子を装ってましたね。
Hさんは今度どこか食事にいこうと誘ってきました。そして携帯の連絡先を交換しその日は別れました。
翌日彼女からすぐに連絡がきて、その週の金曜の夜会うことになりました。場所は新宿にある有名ホテルの最上階にあるレストランです。
そんな高いところだとは思わなくて緊張しながら待ち合わせ場所に向かいました。
食事をしながら口説かれました。
Hさんは既婚者のバイセクシャルでした。
大手銀行に勤める30代半ばのキャリアウーマンで社員証も見せてくれて名刺もくれました。
そして自分と付き合うなら、勤めている銀行にコネ入社も出来るし、好きなブランド物も買ってあげるよって言われました。
愛人契約です。
まさか愛人契約を女性から持ちかけられるとは思いませんでした。ですが、私は承諾しました。
女性が相手ならこんなに楽なことはないと内心思いました。これが男性だったら、万一妊娠なんてしたら最悪だけど女同士ならそんな心配いりません。
それに就職先まで手に入るなんて、これは幸運だと思いましたね。私の学力と大学名ではとてもじゃないけどHさんの勤め先の銀行には書類審査の時点で落ちます。
いいですよと返事を出すと彼女はとても喜びました。
そして食事を終え、エレベーターの中に乗り2人きりになったときHさんからキスをされました。お酒の味がしたことを今でも覚えています。
このあと部屋にいかない?と誘われあらかじめHさんが予約していたホテルの部屋に行きました。
そして愛人契約の内容通り、私は女性の性の相手をしました。